大人の発達障害!? その8つの特徴とは

Teng 26/01/2021 18:08 告発

  近年、対人関係がいつも上手にいかない、気をつけているつもりでも同じ失敗を繰り返す、締切が守れない、物忘れが多い...これってもしかして「大人の発達障害なの」と思う人が増えているそうです。なぜ大人になってから、発覚しどのような症状があるのでしょうか?そこで、今回は、大人の発達障害の8つの特徴をご紹介します。

  実は、発達障害は先天的な障害であり成人になって、発症するワケではないのです。発達障害とは昔からあっあた障害なのですが、認知されるようになったのは最近のことですので、障害に気付かずに大人になりはじめて発達障害の診断を受け、今まで自分が苦手だと感じていたことの原因が障害だとわかり、そうだったんだ..と安心する人もいれば障害を受け入れられない人もいるようです。ですから、「大人の発達障害」とはおとなになるまで発達障害に気つかず大人になってから診断をうけたり、自覚したりするケースを言うんです。

大人の発達障害の特徴

1.場の雰囲気を読むのが困難

その場の雰囲気がつかめなくて、その場では不適切なことを思わずいってしまったり、全く関係のないことを言ってしまったりする。

2.話が伝わりにくい

話が長いと言われることがよくある。うまく要約できずに、どうしても話が長くなるが、だからと言って相手にはうまく伝わっていない。話をしているうちに自分でも何を話しているのかわからなくなることがある。学童期と思春期は、学校の文章問題を理解するのが困難だった。 3.優先順位をつけるのが苦手

一度にいくつかのことができず、混乱してしまう。何かをしている時に他のことを頼まれたりしても、なにを言われたのか覚えていないことがある。

4.集中しすぐてしまう

興味のあることに関しては、過剰なほどに集中してしまう。その集中は他の人に声をかけられても耳に入らず一晩中でも集中を続けられるほどである。

5.あいまいな表現が理解できない

一つ一つ説明してもらわないと理解ができず、「ちゃんとやりなさい」「適当でいいよ」などのあいまいな表現の場合に、どのようにしたらといのかかわらない。幼児期から「あそこ」「それ」などの抽象的な表現が理解できなかった。

6.はじめての場所、行動にとても緊張する

場所が変わっただけで、緊張してしまいふだんしていることもできなくなってしまう。急に予定が変更したりするとそうして良いのかわからなくなってしまう、なれるのにとても時間がかかる。

7.思ったことをすぐにこちにしてしまう

「正直すぎる」といわれることがある。相手に不快におもうことも口にしてしまう。また、ことばの裏が読めずに、言葉をそのまま受け入れるので、冗談や遠まわしな言い方が理解できない。

8.感覚が敏感である

五感に敏感であり肌触り(触覚)にこだわりがあって特定の衣服しか着なかったり、他の人が聞こえない音にも気付いてしまったりする(聴覚)。気になる臭いがあったり(臭覚)、食べ物の好き嫌いが激しかったりする(味覚)

ネットでの反応

▪ 話してるうちに何を喋ってるのか自分でも分からないってのはあるなぁ・・・ 

▪ 発達障害もち本人も疲れる

▪ こりゃダメだ。なんの参考にもならん。残念。

▪ 最近の世の中、変な人が多すぎて、みんなそうなんじゃないかと感じる。

▪ これを見て自分も発達障害だと思う。薄々感じた

▪ 完璧な人間はいない。 それが個性だから。 皆で助け合って生きるしかない。

記事の一部の内容はネットから来て、あなたのプライバシーの権利を侵害したら、「庆典就饱」ウェブサイトは直ちに処理します。 告発
記事のお薦め
TOP
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません