車中泊の危険性…知らないと危ない車中泊で注意すべきポイント5選…【引用元 kwsklife】

よう 2020/12/01 告発 コメント

車中泊に潜む危険性…
知らないと危ない車中泊で注意すべきポイント5選…

近年、宿泊費の節約や時間効率などの面から
車中泊が人気となっています。

しかし、車中泊は様々な危険と隣り合わせであることをご存知でしょうか?

そこで今回は車中泊に潜む危険と注意すべきポイントを紹介します。

車中泊に潜む危険性

1.エコノミークラス症候群

エコノミークラス症候群とは狭いところに同じ姿勢で長時間いることで
静脈中に血の塊「血栓」ができ、その血栓が肺に詰まる病気。

最悪の場合は死に至ることもあります。

地震の被災者が車中で長時間過ごしたことが原因で
この病気にかかり、話題になりました。

車中泊は長時間狭い車内にいて
ほぼ体勢も変えられないため注意が必要です。

対策としてできるだけゆったりとした服装にして
水分をこまめにとるようにしましょう。

また、車内で一晩過ごすような場合は
足を伸ばして楽な体勢で寝るようにしましょう。

2.エンジンのかけっぱなし

夏や冬にエアコンを作動されるためにエンジンをかけっぱなしにして
就寝することは非常に危険です。

アイドリングによる排気ガスが外気導入や
排気ガスの逆流などが原因で車内に充満すると
最悪の場合、一酸化炭素中毒で死に至ります。

また、運転席で仮眠していて無意識のうちに
アクセルを踏み込んで空吹かしをしてしまい、
それを続けていると発火する恐れがあります。

車中泊時は必ずエンジンを切っておきましょう。

3.防犯対策

近年、日本でも盗難や暴行など
事件に巻き込まれるリスクが高くなっています。

車中泊の場合、特に女性の一人旅が狙われやすいです。
全てのドアをロックすることはもちろん、
カーテンなどで車内が見えないような対策をすることも重要です。

万が一に備えて携帯電話の電波が
届くかどうかなどもチェックしておきましょう。

4.場所選び

車中泊といってもどこでも停めていいわけではありません。

引用元:https://kwsklife.com/carnightly-danger/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも