玉ねぎの便利な使い方9選…足に貼るだけで体に凄すぎる変化が…【引用kwsklife】

よう 2021/01/06 告発 コメント

玉ねぎは安くて手軽に料理できるお馴染みの食材ですが 焼いても、煮ても、あげても美味しい 3拍子揃った食材です。

実はこの玉ねぎ、食べる以外にも色んなことに使える奇跡の野菜なんです。

今回は野菜界の万能プレイヤー 玉ねぎの便利な使い方を紹介します。

風邪をひいた時

風邪をひいて喉が痛い時は お湯を沸かして玉ねぎを入れましょう

オニオンティーの出来上がりです。喉の痛みやタンの絡みを抑えてくれます。

美味しいかどうかはともかく薬嫌いの方にはオススメです。

目にゴミが入った時に

何かの拍子に目にゴミが入ってしまったらゴロゴロしてしまって思わず目をこすってしまいます。

しかし、ゴミが入ったまま目をこすると 角膜を傷つけてしまう危険がありオススメできません。

そんな時は玉ねぎを切りましょう。

自然と出る涙によって異物を洗い流してくれるのです。

ケガした時は

料理の時などに指を切ってしまった時に 玉ねぎを傷口に当てましょう

止血効果に加え、消毒代わりにも使えます。さらに、回復も早めてくれるのです。

怪我や手術跡が残ってしまったことありませんか?

擦り傷や火傷傷まで傷跡にも色々ありますが、残った傷跡は気になりますよね。

玉ねぎのエキスには抗炎症作用があり、 傷跡でのコラーゲン生成を抑制します。

その結果、傷跡を目立たせなくしてくれます。

玉ねぎの汁を布に浸して傷にかけましょう。1日1〜2回、何日か繰り返せばほぼ変色がなくなるはずです。

皮膚が感染して腫れたりしたら牛乳を沸騰させ、そこに パンを1枚と玉ねぎを1個を入れてペースト状にします。

感染している部分を綺麗にしてからこのペーストを塗ります。

引用元:https://kwsklife.com/utilization-onions/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも