【閲覧注意】腹立つ勘違い女10選!その驚くべき女たちとは?

Teng 30/12/2020 18:33 告発

世の中にはおどろくべき価値観で生きている人たちがいて、私たちでは想像できないような世界に身をおいている人たちがいます。そんな中、至る所、色んな場面で遭遇するのが、”勘違い女”という未知の生き物。ネットで発見され話題となっている、伝説の勘違いが著しい勘違い女たちを紹介します。

1.モーニング娘。のオーディションを受けて・・・

モーニング娘。のオーディションを受けて1次審査が通ったことがあるというこの女性。それは幻や夢ではなく、現実に彼女に起こったことなのでしょうか…

2.年収400万

婚活パーティーとおぼしき場所でインタビューをうけるこの女性。年収400万と話した男性について、「ゾッとした」と話すこの女性ですが、いったい自分を何者だと思ってるのでしょうか。

3.男は死ぬまで働け

専業主婦というこの女性は、自身の夫へのストレスという番組内の企画において、「男の人は仕事してナンボ死ぬまで働け」と言っています。専業主婦に言われても・・・ですね。

4.可愛いは作れる?

これは一時期大流行した画像ですが、野暮ったい女の子だった子が最後の画像で、最終的にすっごく可愛くなるというものなのですが・・・作れているのかどうかは検証が必要なようです。

5.ヨリを戻そう

元カレに言い寄られて困っているというこちらの女性ですが、ヨリを戻したいのがどんな人なのか気になるところです・・・

6.男性がいないと安心

朝の女性専用車両が使用開始された際のインタビューのようですが、男性がいるかいないかを気にする必要はなさそうです。

7.太ももくらいで騒ぐな

こちらのノドカさんは、男の携帯電話に自身の太ももが写っていたとして警察に突き出したとのことですが、太ももくらいよさそうなものですが・・・

8. 美人で得したことは?

「美人で得したことは?」という質問に自信満々に「ありますよ」と答えるこの女性。これはテレビの取材陣側にも悪意があるように思えますね。

9.私のこと好きになってもいいけど

「それ叶わない恋だからね?」・・・わかりました。

10.可愛くなりたい

ごりごりのキメ顔と加工いっぱいの写真とともに「ブスすぎて自分がキライ」とはこれはパラレルワールドかなにかですかね?

ADVERTISEMENT

記事の一部の内容はネットから来て、あなたのプライバシーの権利を侵害したら、「庆典就饱」ウェブサイトは直ちに処理します。 告発
記事のお薦め
TOP
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません