熊やサメに襲われて生き延びるには!?野生動物に襲われても助かるための8つのポイント【引用元 academic-box.be】

ようよう 11/04/2021 18:32 告発

野生動物に襲われたら?

もし登山中に熊に襲われたり、遊泳中にサメに襲われた場合、生き延びるためにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで今回は、野生動物に襲われても助かるための8つのポイントを紹介します。

1.ライオン

普段は野生のライオンに遭遇するなんてまずあり得ませんが、もしも遭遇してしまったら絶対に目を逸らさないことです。

そして焦って逃げてしまうと獲物だと認識されてしまうので、気づかないふりをして比較的ゆったりとした動作で屋内に逃げ込みましょう。

2.トラ

ライオンと同様、トラもあまり遭遇する機会はないはずですが、もし遭遇した時は絶対に背を向けないことです。

トラが多い地域では、後頭部にお面をつけて常にトラに視線を向けているように見せることが大切なのだとか。

3.ワニ

ワニに襲われないためには、まず濁った水面には近づかないようにします。

もし陸地でワニと遭遇したらジグザグに走って逃げ、泳いでいるときに遭遇してしまったら、バシャバシャと音を立てずに静かに泳いで逃げましょう。

ちなみにワニの急所は、目や喉などの敏感な部分です。

4.クラゲ

夏に海で泳いでいると、突然激痛が走ってクラゲに刺されていたということもありますよね。

もしクラゲに刺されたら、すぐに患部を塩水で洗って体にクラゲの組織が残っている場合はピンセットなどで取り除きましょう。

抗ヒスタミン系の軟膏があればそれを塗るのも良いですが、病院を受診した方が良さそうです。

5.ヘビ

もし蛇と遭遇したら足をドスンドスンと鳴らしましょう。蛇に噛まれた人たちは80%が蛇を捕まえようとした人たちだといわれています。

それでももし噛まれてしまったら、流水で傷口を洗って止血帯を施して救急車を呼んでください。

6.熊

熊が人を襲うのは稀ですが、熊が出るとの警告がある場所ではラジオや鈴、大声などで先に自分の存在をアピールしておくことも大切です。

もし遭遇してしまったら、体をボールのように丸くして首の部分を手で覆って地面に伏せましょう。

熊は時速50キロのスピードで走るので、走って逃げても獲物と認識されて襲われてしまいます。

7.蜂

もし蜂に追いかけられたら、暗い場所に逃げ込んでください。

明かりがない場所では蜂はあなたの位置を正確に捉えることができなくなります。

8.サメ

地球上にいる150種類以上のサメのうち、人を襲うのはわずか20種類ほどです。

サメをおびき寄せないように、血液や尿が流れ出るのを未然に防ぎましょう。また魚の鱗に間違えられないように、派手な水着や金属類を身につけないことも大切です。

もし正面からサメに出会ってしまったら、絶対に背を向けないことと暴れないことです。

そして最悪な場合ですが、手や足ひれで餌を捕獲するときのセンサーがあるサメの鼻先をたたきましょう。

もう噛まれてしまう、となった時は、サメの目に指を突っ込んでください。うまくいけば、放してくれるかもしれません。

どの動物でも当てはまる共通のポイントは!?

どの動物に対しても共通していえるのは、そのような危険な場所には絶対に1人では行かないこと、そのような動物の活動時間帯には近づかないこと、狩りをするようなエリアには近づかないことです。

複数人で行動していれば、もし誰かが襲われたとしても他の人たちが対処できますし、パニックを起こさずに回避できる可能性が高くなります。

引用元:https://academic-box.be/archives/90724,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

記事の一部の内容はネットから来て、あなたのプライバシーの権利を侵害したら、「庆典就饱」ウェブサイトは直ちに処理します。 告発
記事のお薦め
TOP
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません