心筋梗塞が起こる1ヶ月前の6つの前兆と症状…これが出たら要注意…【引用kwsklife】

よう 2021/01/04 告発 コメント

三大生活習慣病、がん・脳卒中・心臓病。心疾患の年間死亡数は20万人近くに上り、急性心筋梗塞患者の14%は病院に搬送される前に心停止しています。

しかし心筋梗塞には前兆のサインがあり、発作が起きる前に受診すれば助かる可能性は高くなります。

これからお知らせする6つの前兆のサイン。もしこれらがあった場合は注意してください。

心筋梗塞が起こる6つの前兆

心筋梗塞は日本人の3大死因の1つ言われています。心筋梗塞とは心臓の血管が狭くなったところに動脈硬化でできた血栓が詰まって、血液が流れなくなる病気です。心筋梗塞になると20分ほどで心臓の筋肉(心筋)が壊れ始め、対処が遅れると命にかかわる恐ろしい病気です。その心筋梗塞ですが、心筋梗塞が起こる前兆と症状があるそうなのです。

1.胸やみぞおちの痛み

心筋梗塞の前兆として一般的に知られるのは胸をぎゅっと掴まれるような圧迫感でしょう。

部位は、胸からみぞおちにかけて。

圧迫感も、単純に痛いという事もあれば焼けるような感じであったりと個人差があります。

ストレス等で同じような症状になる場合もありますが、その時は5〜10分ほどで痛みが引くのが普通です。

心筋梗塞の場合は、その痛みが30分以上も続くことが少なくありません。

2.動悸・息切れ

心筋梗塞は心臓の機能低下が起きます。

それにより、全身への血液循環が滞ってしまい、体の末端にまで酸素がいかなくなるのです。

脳が体にもっと酸素を入れて欲しいと催促します。

そうなると、喉をゼイゼイと鳴らしたり激しく呼吸するため息切れという症状が現れるのです。

ちょっとした動作でも、動悸・息切れをすることが続いたら気をつけましょう。

3.めまいと冷や汗

心臓機能の低下により血液循環が悪くなります。

そうなると体内の各臓器を守るために体の末端にある血管を収縮させて血液を送ろうとします。

その過程で、汗線も伸縮してしまい汗を体外に排出してしまうのです。

このような現象なので寒い暑いに関係なく汗が出ます。

さらに、めまいは脳の酸素不足が原因かもしれません。過剰な汗は心臓発作の初期症状によく見られる症状です。この症状が出た場合は先ず医師に診てもらうことが重要です。

汗を掻く理由がないのに汗をかく場合は危険と判断したほうがいいと思います。

4.左肩・背中・左手小指の痛み

心筋梗塞の痛みは神経を伝わって脳に信号として送られます。

その神経が左肩や背中につながる神経につながっているので

「この痛みは左肩(背中)から来ている!」

と勘違いするのです。

引用元:https://kwsklife.com/myocardial-infarction/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも