19歳5人が交通事故死!車が大破する前に撮った自撮りがヤバイ【引用kwsklife】

ようよう 03/02/2021 22:12 告発

19歳5人が交通事故で死亡!事故直前に撮った自撮り写真が携帯に残っていました。

19歳5人が逝った交通事故

午前0時15分ごろ、警察車両で現場を通り掛かった県警橿原署員が大破した車と路上に倒れている男性3人と女性2人の計5人を発見。

事故の様子

車が衝突した欄干付近に4人が倒れ、さらに約10メートル先の橋の上に車が大破した状態で止まり、残る1人が近くに倒れており、全員死亡が確認されました。

5人は免許証や所持品から、いずれも橿原市など県内在住の19歳で、男性3人は大学生、女性は短大生と専門学校生、同じ中学出身の友人です。

現場の制限速度は60キロで、現場には目立ったブレーキ痕はありませんでした。

ちなみに、車内では飲酒した形跡も確認されませんでした。

壊れる前の車の原型の画像。

これが大破するとこうなります。

車は屋根の部分が引きちぎれ、車は原型をとどめていない。ピラーから上がスパッと切れています。

フロントバンパーは無傷ですから、フロントから欄干にぶつかったのではないもがわかります。

曲がりきれずに横転して、ピラーあたりから欄干に衝突したのでしょう。

横転せず、フロントから突っ込んだとすれば、シートベルト着用であれば助かった可能性もありましたが・・

シートベルトをしていても、助からなかっただろう

この件に関してはそのように考えられています。

運転手特定の必要

運転者の特定があいまいだと、損害賠償でもめ、何年も争うこともあります。5人車外に投げ出されていたので、誰が運転手か、特定する必要があるのです。

自動車保険に家族特約や年齢不担保特約が付いているケースで、推定運転者と推定同乗者の属性が異なる場合、保険会社は運転者の特定がしっかりしていないと保険金を直ちには払いません。

しかし、運転手が特定できてもその鑑定結果に相手方や保険会社が納得しなければ、示談は不調になります。

当然ですが、運転者は自動車運転死傷行為処罰法違反の被疑者であり、同乗者に対する不法行為の加害者になりますから、運転者の特定は重要です。

なぜ事故になったか

検証その①→スピード出しすぎ

奈良県橿原署によると

同署は車は現場手前の右カーブを曲がりきれずバランス崩し横転し、飛鳥川に飛鳥橋の欄干に衝突。その弾みで5人が外に投げ出されたとみている。

スピード出しすぎの単独事故とみて、発生時刻や当時の速度、誰が運転していたかなどの詳しい状況を調べている。

自動車の損壊状況からみて時速100キロを超えていることも十分に考えられますね。

検証その②→「危険な道路」住民が以前から懸念

現場は明日香村役場の北西約700メートルで近くに石舞台古墳や飛鳥寺など史跡や寺社が点在。

街灯や住宅が少なく、夜間は暗くて見通しが悪い場所です。

カーブが終わったところにある、左端の欄干に衝突。

昼間は、問題ありませんが、夜間に、街灯がないため、事故原因の一つに挙げられています。

昼間は観光客らが行き交う道路であるのも関わらず、見通しが悪いのです。

飛鳥橋の直前で急な右カーブとなっているのがわかりますね。

右手には大木が茂り、周囲に人家がなく街灯も少ないため、深夜は非常に危険度が高い!

朝のニュースを見て事故を知った近くの女性

「カーブミラーもなく、あそこは道路を渡るのにも気を使う」

引用元:https://kwsklife.com/trafficaccident-wreck/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

記事の一部の内容はネットから来て、あなたのプライバシーの権利を侵害したら、「庆典就饱」ウェブサイトは直ちに処理します。 告発
記事のお薦め
TOP
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません