カツオ漁船の実態…給与明細が公開され、過酷な労働環境だと話題に【引用kwsklife】

杨大凯 2021/02/08 告発 コメント

カツオ漁船の実態…給与明細が公開され、過酷な労働環境だと話題に…

カツオ漁船の実態

誰でも一度は聞いたことがあるかもしれない「お金に困ったらマグロ漁船やカツオ漁船でワンチャンスを狙え」

実際にどんなものなのかご存知でしょうか。今回はそんなカツオ漁船の実態を紹介します。

給料はいくらぐらいなのか

カツオ漁船で20歳になる方の給与明細です。

一年間で650万円程の給料を得ています。

しかし、手取りの652万から時給を割り出すと1200円です。

食費や住居費などがないのも大きいですね。

また、売上が5億3000万円で経費が2億4000万、残り2億9000万の39.6%が支払われるようです。

60%は経営者のものということになります。やはり経営する側は一番美味しいということも読み取れますね。

給料の相場

マグロ漁船の年収相場は500万円だそうです。

借金を返す方法としてマグロ漁船に乗る。確かにこれだけ稼げれば借金のカタに乗せられた時代があっても不思議ではないかもしれません。

過酷な肉体労働

当然、これだけ稼げるお仕事なので大変なところもあります。

真っ先に思い浮かぶのが肉体労働としての大変さです。睡眠時間が平均5時間で毎日15時間以上も操業するそうです。

さらに遠洋漁業は1年間帰ってこられないのが当たり前でよっぽど体力に自信がある方でないとやっていけないかもしれません。

外国人船員が多い

外国人船員は日本人よりも気性が荒く、時間にルーズ、不潔、自分流に拘りが強いなどとどうしても日本人気質とは合わない部分がありそれがネックになり辞めてしまう人も多いそうです。

プライベートの時間が全くない

当然ずっと漁船の上で生活するのでプライベートが皆無です。

インターネット環境もありませんのでPCなども扱えませんし、遠洋漁業は1年間帰ってこられないのが当たり前の世界なのでこのような生活に耐えられない人は多いのではないでしょうか。

体育会系の部活などで寮などに入っていた人であればある程度耐えられるかもしれませんが・・・

地雷撤去の次に死亡率が高い?

労災率がとても高く、地雷撤去の次に死亡率が高い、中国の炭鉱夫よりも死亡率が高い。ピンと来ない世界がここにあります。

引用元:https://kwsklife.com/bonitofishing-boat/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも