失明し妻の笑顔が消えた…その後、20年間急に夫が土を掘りだした…20年後妻は泣き崩れた…【引用元 kwsklife】

よう 2020/12/01 告発 コメント

宮崎県児湯郡新富町。

この住所だけでピンと来た方は
かなり観光地を訪れている旅行マスターでしょう。

普通の一軒の個人宅の住所なのですが、
毎年春になると新聞やテレビで紹介され、
全国各地から観光客が訪れる観光スポットとなっています。

一軒家に住むのはこの家の主人、黒木敏幸さん(86)と
笑顔が素敵な妻の靖子さん(76)の2人。

観光客がこの家を訪れる目的は4月になると
この家一面に咲き誇るシバザクラを見るためです。

家の周りを囲むように色鮮やかな濃いピンクのシバザクラが
一面に広がる光景は圧巻です。

なんと庭の維持管理は全て家の主人である
黒木敏幸さんが行っているのです。

笑顔が素敵な妻の靖子さん靖子さんですが、
実はこんなにも美しい庭を一度も見た事がありません・・。

靖子さんは52歳の時に失明し、光を失ってしまったのです。
しかし、これが全ての始まりだったのです。

失明し妻の笑顔が消えた

昭和31年(1956年)お見合い結婚した黒木夫妻。
畑作で収入をたてていましたが、生活は苦しいものでした。

しかし、明るい靖子さんのおかげで
苦しいながらも笑顔が絶えない家庭だったそうです。

そして3人の子供にも恵まれました。

時代の流れで乳製品の需要が高まり、
黒木夫妻は畑作から酪農へと仕事を変えました。
家族だけで酪農を営むのはかなり大変な事ですよね。

1日の仕事の始まりは朝2時。
掃除、餌やり、乳搾り、飼料作りなど、
365日1日も休みなどありません。

それでも靖子さんは文句1つ言わず働いていました。

引用元:https://kwsklife.com/blind-wife/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも