「自分の心がけで相手の態度だって変わる」新聞投書に寄せられたディズニーでのエピソードが話題!

ようよう 14/04/2021 00:47 告発

新聞の投書欄は、一般の人々の思いや生活がつづられていて、なんとなく読んでみると心を動かされることが多かったりします。現在、とある新聞投稿が話題になっています。それは57歳の男性が投稿したディズニーランドを舞台にしたエピソード。ディズニーランドの受付の仕事をしていた男性のエピソードなのですが、まるで小説を読んだような短い中にもギュッと人生が詰まった素敵な投稿なのです!中には「羨ましい」「ちょっと泣いた…」なんてコメントまで寄せられるほど、ネット上でも反響が寄せられています。みなさんも早速、その実際の投稿を読んでみてください!

ディズニーランドの入口で入場券を配る仕事についた男性。はじめは「なんでこんな仕事を」という思うを抱いて仕事をしていましたが、同僚の女性の「ディズニーに来てくれた方がはじめて会うキャストが私なんです。なんてすてきな仕事」という言葉にハッとさせられます。そして自分も笑顔でお客さんに接客してみると、「ご苦労さま」「ありがとう」とたくさんの感謝の言葉をもらい、自分の行動や意識を変えることで相手もまた変わるということを学びます。深イイ話!と思いきや、それだけで終わりません。『それから34年。その女性は今では家に帰ると「お帰り」と迎えてくれます』なんてすてきなオチ!!とてもホッコリと読んだこちらまで笑顔になれる内容です!!この記事には多くの方からの反響が寄せられています。

{心掛け次第で仕事する意識が変わるの凄く良い話ですね〜

 {素晴らしいオチまでついて。さすが夢の国。

 {超短編小説家みたいな

自分の心がけ次第で、世界は違って見える。このエピソードは私たちにそう、教えてくれているようですね。夢の国らしいオチまでついてしまって、幸せに満たされたなんともすてきな投稿ですね♪

引用元:https://cadot.jp/topics/45959.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

記事の一部の内容はネットから来て、あなたのプライバシーの権利を侵害したら、「庆典就饱」ウェブサイトは直ちに処理します。 告発
記事のお薦め
TOP
X
告発
真実性のあるメールアドレスを使ってください、貴方と連絡が取れなければ、告発の内容は処理できません