ぎょう虫検査が廃止された本当の理由…寄生虫の感染者増加こそが本当の理由だった…【引用元 kwsklife】

よう 2020/11/29 告発 コメント

小学生3年生以下に義務付けられていた
おしりにシールをピタッと貼るぎょう虫検査

両親や兄弟におしりを出してぺたっとされるあの感じ…。
子どもの頃の記憶ながら、鮮明に覚えている人も多いのでは…?

実は 2015年を最後にぎょう虫検査は廃止されてしまったそうです。

政府の発表では ぎょう虫の感染率が全国民で1%以下になったから。
0でないのになぜ?と疑問をいだく人も少なくないありません。

そんなぎょう虫検査が廃止された本当の理由は別にありました。

ぎょう検査とは

ぎょう虫などの寄生虫卵検査は小学3年生以下に義務づけられ、
昭和33年から行われています。

検出は主に粘着テープを用いて行い、
肛門周辺に押し付けた粘着テープを試料として検鏡を行います。

多くの学校で肛門にセロハンテープを貼り、
ぎょう虫の卵の有無を調べる検査を実施してきました。

そんなぎょう虫検査が2015年限りで廃止されました。
2016年度から行われないことになったのです。

結構最近までアレをしていたなんて…。

あまり話題には出したくないですが、
ジェネレーションギャップを感じてしまう
平成世代とも共有できるネタですね。

ぎょう虫に感染すると・・・

かゆみが発生する

ぎょう虫の活動や、 産卵の際に分泌する粘着性物質によって
かゆみが発生するため(無意識下で)掻き毟ることが多々ある。

睡眠中のかゆみなどに起因する不眠などが
中の落ち着きの無さや短気になるなどの原因になることが問題視されている。

細菌感染が起こる

掻くと 皮膚がはがれ細菌感染が起こることがあります。
女子の場合は腟にかゆみと過敏反応が起こることがあります。

寄生虫とアレルギー疾患の関係解明

ぎょう虫検査が始まったのは1950年。

当時は寄生虫の感染率も高かったそうで、
ぎょう虫に感染した子どもが何万人と治療をした。

やがて、ぎょう虫に感染している子どもはほとんどいなくなりましたが、
その代わり増えた病気があります。

それは アレルギーやアトピー
ぎょう虫検査と反比例で増えるアレルギーやアトピー。

引用元:https://kwsklife.com/diamondback-inspects/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも