タイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由…意外と知らないと話題に…【引用元 kwsklife】

よう 2020/11/29 告発 コメント

タイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由…
意外と知らないと話題に…

タイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由

コンビニやスーパーなど多くの駐車場では当然のように設置してある車止め。

車止めには大体の駐車位置を知らせるという役割がありますが
駐車する際、実は車止めにタイヤを当てない方が良いということをご存知ない方もいるかもしれません。

そこで今回はタイヤを車止めに当てて停めないほうが良い理由を紹介します。

1.車止めを乗り越えてしまうリスク

車止めを完全に信用しきって勢いよくドーンとタイヤをぶつけるような駐車をしていると
勢い余って乗り越えてしまう場合があります。

コンビニやショッピングモールなどの場合ですと
通行人をはねてしまう可能性もありますし、
壁や柱、他人の車などにぶつけてしまう恐れもあります。

そうなると物損など修理代を弁償しなければいけませんし、
人に怪我をさせてしまったり、最悪の場合死に至る可能性もあり、
一生償わなければならないことも考えられます。

2.サスペンションやタイヤにかかる負荷

タイヤが車止めに押し付けられている状態で駐車すると
わずかとはいえタイヤやサスペンションにストレスがかかりっぱなしになります。

特に車止めが角ばった長方形だった場合、
タイヤの接地部やサスペンションに負荷がかかってしまいます。

もちろんすぐに大きな問題になるわけではありませんが
それが何度も繰り返されて蓄積することでダメージとなってしまいます。

ですので車を停める時は車止めに乱暴に当てずに
ゆっくりと侵入して当たったら少しだけ前に出して

引用元:https://kwsklife.com/tire-carstop/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも