年老いて死を目前にした1匹の犬が飼い主に伝えたかった事…「もし僕が話せたら」【引用元 kwsklife】

よう 2020/12/08 告発 コメント

死を目前にした1匹の犬が飼い主に伝えたかった事

全世界で220万回以上再生されたショートフィルム『もし僕が話せたら』。

とある男性と犬の出会いから別れまでを描いたストーリーに涙が止まりません。

ある日、男性は黒いゴミ袋に入れられて捨てられていた犬を川の中から救出します。

身体をきれいに洗ってやり一緒に住むことに決めた男性。

それからというもの犬と男性はたくさんの思い出を刻んでいきました。

やがて、男性は恋に落ち、人生の伴侶を見つけます。

優しいお母さんが出来た犬。

後に産まれた子どもともまるで兄弟のように親友のように仲睦まじく暮らしていました。

そして、時は過ぎ…。年老いた犬に旅立ちの瞬間が訪れます。

『もし僕が話せたら』

あなたと話すことができたらいいのに。

どうか知って欲しい。僕を救ってくれてありがとう。愛してくれてありがとう。

あなたと過ごした日々のことは何もかも忘れないよ。

どうかどうか知って欲しい。あなたが僕にしてくれたことすべてに心から感謝しているんだ。

たくさんの楽しいことがあった。あなたが恋に落ちた瞬間も家族が増えた瞬間も僕は全部見てきた。

たくさんのすごい冒険もしたよね。今でもあの晴れた日のことをよく覚えている。あの日、僕はいつまでも走り続けられるような気がしたんだ。

引用元:https://kwsklife.com/dog-owner/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも