意外と知らないスーパーの雑学3選…値引きシールには隠された秘密があった…【引用元 kwsklife】

よう 2020/12/21 告発 コメント

意外と知らないスーパーの雑学3選

私たちの日常生活の中には実はあまり知られていない雑学や見えない工夫が溢れています。

スーパーの値引きシールもその一つ。実はこの値引きシールにはあることを防止するために隠された工夫がされているのです。

今回は意外と知らないスーパーの雑学3選を紹介します。

1.チラシに黄色が多い理由

よく目にする新聞折り込みのスーパーのチラシと言えば商品名と値段が乱雑に書かれていて黄色で光沢のない安い紙が使われていますよね。

黄色には好奇心を刺激する効果があるため、特売の載ったチラシに採用されています。

扱う商品によっては安っぽく見えると敬遠される黄色もスーパーのチラシに用いると割安感を醸し出す色になるのです。

逆に不動産関係の広告は光沢のある紙にスッキリしたデザイン、そして、綺麗な写真まで載ってたりして高級感を醸し出しています。

売る商品によってチラシの色や質感を変えて与える印象を使い分けていたわけです。

2.和牛と国産牛の違い

スーパーの精肉売り場で牛肉を見ると輸入牛肉以外の牛肉だと和牛とか国産牛があります。

この両者の違いはなんでしょうか?

和牛は日本の在来種をもとに交配を繰り返して改良されたものです。

日本では現在、

「黒毛和牛」「褐色和種」「日本短角種」「無角和種」

の4種類だけが和牛として認められています。

一方、国産牛は日本で3ヶ月以上にわたって肥育された牛、もしくは各国を巡った牛でも日本で肥育した期間が一番長ければ国産牛と呼ばれるのです。

牛の生産地や品種にかかわらず、日本での肥育期間と肥育された土地が基準にかなっていれば国産牛と呼ぶことができるわけです。

国産牛は日本の牛と思っていた方も多いのではないでしょうか。

3.値引きシールの秘密

表示価格より半額、表示価格より30%引きなど夕方6時以降などに貼られる値引きシールはスーパーでよく見かけますよね

引用元:https://kwsklife.com/super-triumph/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも