【自衛隊に温かいご飯を!】 被災地で自衛隊員が炊き出しを食べると一部の被災者からクレーム!

Teng 2020/12/10 告発 コメント

なぜ自分たちでつくった炊き出しを食べないのか…。

この写真は東日本大震災で撮影された衝撃的な様子。

そういえば自衛隊が食事する風景を見たことがないと思ったら、

実は被災者に配慮してこっそりと隠れて食事をとっていたのだ。

こうなった背景には炊き出しを食べると一部の被災者から

ひどくクレームがくるという事情があるようだ。

▼炊き出しをつくる自衛隊員。自分たちは一口も食べない。

▼自衛隊員のご飯はこちら。

約3年が経った今も現状は変わっていない。

その元凶は自衛隊を敵視するクレーマーではないか。

「カレーライスは住民の手で。迷彩服は学校に来ないで」

と学校前で活動する変な団体。

被災地で自衛隊に助けてもらっているにもかかわらず

ケチをつけるのはおそらく政治的に偏向した思想を

もつ人だろうから、そんな一部のクレーマーは無視すればいい。

大半の日本国民はもっと良識的で、

相手の事情を慮ることができる人間だ。

自衛隊員が炊き出しを食べているのを目にしても

「お疲れ様です」と思うだけだろう…。

ネットの反応:

ある自衛隊のお偉いさんが自衛隊はいらないと言ってる人達に貴方達のせいで平和がこない人殺しの訓練をしてるから!だの色々言われた後に自分達の仕事はあなた方みたいに自分達のことを悪く言ってる人達もそうでない人もみんな助けることです。と答えたそうな。災害時寝る時間削って警備して食べ物だって冷たいもん食って自分達は入れないのにお風呂沸かして自衛隊だからってだけで自分の家族も心配なのに他人の家族探して決して仕事だから。だけで出来る事じゃないよね。豪雨で土砂崩れに巻き込まれて行方不明になった人を毎日毎日探してくれてありがとう。

引用元:http://viralhighway.com/archives/12159,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも