二度告白してきた男へ返事を保留にしていたら…ストーカーと化した狂気的メールが大量に【引用kwsklife】

杨大凯 2021/02/03 告発 コメント

二度告白してきた男へ返事を保留にしていたら…ストーカーと化した狂気的メールが大量に…

バイト先でたまたま知り合った男から勘違いされて告白され、返事保留にしたらとんでもなく恐怖の目に遭った女性の話です。

当時二十歳だった女性はバイトで暮らすフリーターでした。そのバイト先でたまたま趣味が同じ(アニメ好き・ゲーム好き・ガンダム好き)2歳年上の男がいて最初は趣味の話で盛り上がっていたりしていました。

しかも帰りが同じ方向だったため一緒に帰ることも多かったそうです。そしてある日突然男(以下A男)からメールが来たのです…

働き始めて1ヶ月も経たない頃、突然

「20日休めない?」

とメールが。

疑問に思い理由を聞くと

「俺の誕生日なんだ。祝って欲しい」「デートして」

と言われ、告白された。

先輩としては良い人とは思うが、異性としては全くの好みではなかった為、その場でお断りした。

するとA男は

「やっぱり?まだ俺の事なにも知らないもんね。知ってた?俺の半分は優しさで出来てるんだよ(笑」

と返してきてちょっと気持ち悪いなぁとは思いつつ、お互い気まずくならないよう今まで通り接していこうと確認しあった。

二度告白してきた男へ返事を保留にしていたら

数か月後、A男はバイトをやめました。

女性はうかつにも

「寂しいですねー」

と伝えてしまいました。

すると男は自分に気があると勘違いしたのか、2度目の告白をしました。

今思うと自分も悪かったとは思うが、この時は

「2回目だし、一応ちゃんと考えてみるか」

と数日返事を待ってもらう事にした。

次の日は2人共休みでお互い友人と出掛けていたんだけど時折メールがくる。

「○○ってお店に行ってきた」

「これ買った」

とか。この時点で何かおかしいと思ってたんだけど、夜に飲みに行き酔ったようで

「職場の休憩室で休んでるから、迎えに来てくれない?」

もう自宅に帰ってたし、そもそもA男の家を知らない私は寝る事にしてスルー。

ここから益々A男のメールの頻度はアップします。そしてキモさMAXのメールが届いたのが翌日朝(というか送信は夜中に行ったらしい)、女性が携帯を確認した時でした。

翌朝、寝てる間に来たらしいメールが数通あり、大半は

「寝ちゃった?」「視界が回るよ~」

だったんだけど、最後のメールが衝撃的だった。

「ごめん、寝ちゃったよね?家に帰って来ました。本当はもしあの時君が迎えに来てくれたら、俺はソファーに寝転がったまま起こしてくれた君を抱きしめて耳元で『おはよう』って囁くつもりだったんだ。ロマンチックでしょ?」

付き合ってもいないのにこの激しい妄想と自己陶酔ぶり。思い込みというより妄想を現実と勘違いしてしまう危険性が高い男です。

この時まだ付き合ってない。それにも関わらずお花畑全開な妄想を吐き出され、ましてや失礼ながらもそれが似合う容姿でもない。

途端にA男が痴漢のような気持ち悪い男に見え、告白の返事を速攻でお断りした。

その後の勤務が重なる日やA男の送別会も一応こなしたが、正直気持ち悪くて仕方なくて顔も見たくない状態……。

幸い、退職してから連絡はなかったし、私も退職後メアド変更し当時の職場の人とは縁が切れたのでそれからは何もない。

告白に断固ノーと最初から言えればよかったのでしょうが、面と向かって言いづらかったのでしょう。

相手の人格を傷つけることは避け、うまく交際を断る方法って結構難しいですね。

この女性の良く言えば優しさ、はっきり言えば思わせぶりな距離感がA男を勘違い男にしてしまったと言えるのではないでしょうか?

ネットでの反応

・最初の告白の時なぜ保留にした?さらに2度目も保留って…この女がもっと早くその気はないと伝えれば良かったんだよ。

・バイト帰り一緒に帰宅するとか、これは勘違いするかもね

・妄想男は怖いよ!どんどんエスカレートしそう

・これでオタクはやっぱりキモイという論調になったらおかしい

引用元:https://kwsklife.com/confessions-stalker/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも