体が悲鳴をあげている時のサイン7選

Teng 2021/01/20 告発 コメント

 みんなは今体の不調を感じていますか?風邪を何度もひいたり、鼻水がとまらなかったり、いつも頭痛がするなど。。。それらの軽い症状が実は恐ろしい病によって引き起こされている場合もあります。今回は、つい見逃してしまいがちな体が悲鳴をあげている時のサインを7つ見ていきましょう!

1、唇の皮がむける

唇の皮が剥けるのは、ストレスや、胃の不調、空気の乾燥などが原因です。

2、足がつる

就寝中につい足がつってしまうことがありますよね。ほとんどの場合は、冷えや、ミネラル、カルシムス不足による筋肉疲労で起こります。

3、爪が割れやすい

何気なく見ている爪もあなたの健康状態を表しています。爪が割れたり、二枚爪になっているときは、食器用洗剤で爪が乾燥したり。。。

4、何かが無性に食べたくなる

さっき晩御飯を食べたばかりなのに、無性に何かが食べたい!という時がありますよね。その多くの原因は、ストレスや、栄養不足が原因です。

5、枝毛

枝毛は、シャンプーの刺激やドライヤーのかけすぎでなることがありますが。実は、栄養不足や睡眠不足も枝毛の原因です。

6、慢性的な頭痛

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも