九九を知らない息子にわり算の問題を出してみた→大人の想像を超える解き方で正解【引用lemon】

Teng 2021/01/19 告発 コメント

 わり算どころか九九もまだ習ってない息子にわり算の問題を出してみたら、大人の想像を超える解き方で正解してビックリ!!小学校の算数は、小学1年でたし算ひき算を習い、小学2年でかけ算・九九を習います。わり算を習うのは小学3年生。わり算をするにはかけ算・九九をマスターしてからになります。

息子にわり算の問題を出してみたら・・・

   でも頭のいい子なら、簡単なわり算なら解いてしまうものです。例えば、「8個のアメを4人で分ける場合」などは頭の中で想像できてしまうのでしょう。もう少し難しいわり算では、独特な解き方をする子もいるようです。まだ九九を習っていない息子を持つお父さんが、わり算の問題を出してみたら・・・

「16÷2」を見事に正解!!

まだ九九を知らないので「8が2つ」を使わず、独特な解き方をしていますね!!

「40÷5」はわかるかな?

そこで次に出したのが、「40÷5」という問題でした。九九を知らない子にはかなりの難問のはず・・・

大人が理解できない解き方で正解をしました!!

息子の頭の中は一体どんな計算をしたのか・・・お父さんの推測はこちらでした。

こんな解き方?

Twitterではこんな解き方をしているのでは・・・という声が寄せられました。

5たす5は10、つまり、40を10で割って、その後、倍にする計算方法ですね。そのまま割るのではなく、割りやすい数字にするあたり才能があります。

息子さんは算数・数学の才能がありそうですね!

このまま才能を伸ばして欲しいと思います!!

ネットの反応

▪理系には想像力が必要ってこう言う事▪子供にしてみれば、掛け算よりも割り算のほうがイメージしやすいのかな?▪これは大物になりますよ!▪マインクラフトやらせたらきっと得意だと思うわ

この息子さんは小学1年生なんだとか!将来が楽しみになりますね!!

引用元:https://lemon-like.info/posts/1224?boy2,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも