ホームレスに朝食をおごった母親…何気無い優しさがホームレスの命を救うことに【引用kwsklife】

よう 2021/01/26 告発 コメント

学生で母親でもあるケイシー・フィッチャーはアメリカのニュー・ハンプシャーに暮らしています。

ある日のこと、ケイシーさんは朝食の時のさりげない行動でホームレス男性の命を救うことになります。

学生で母親でもあるケイシー・フィッチャーはアメリカのニュー・ハンプシャーに暮らしています。

忙しい彼女は大学へ行く前にダンキンドーナツで朝食をとるのが日課になっているんだとか。

そしてそこで出会ったホームレスの男性の人生を彼女は気がつかないうちに大きく変えてしまうことになるのです。

何気無い優しさがホームレスの命を救うことに

ケイシー・フィッチャーさんはFacebookに次のような投稿をしています。

今日、ダンキンドーナツへ向かっている途中、ホームレス男性が歌を歌って小銭を稼いでいました。

すると、彼も同じくダンキンドーナツへ入っていきます。彼が一生懸命小銭を数えている間、私はなれなれしくも話しかけたんです。ちょっと嫌そうだったけど・・・

彼の持ってた小銭は1ドルにも満たない様子だったんで、私はベーグルとコーヒーをおごってあげて、一緒のテーブルへ。

すると、彼はこんな話をしてくれました。

自分がホームレスだと知ると冷たく扱われること、薬物中毒で自分がおかしくなったこと、母親をガンで亡くしたこと、父親の顔すら知らないこと、母親が「いつか、私が誇りに思えるような人物になって」と語っていたこと・・・etc

彼の名前はクリスというんだそう。とっても誠実で、正直な男性だと思ったわ。

そして、授業に遅れていることに気づいた私は席を立つことに・・・

すると彼は私へクシャクシャになったレシートを渡し、「汚い字ですみませんね」と語り、どこかへ立ち去って行きました。

そして、レシートにはこんなことが記されていたんです。

「今日、自殺しようと思ってた。でも、あなたの優しさのおかげで気が変わった。ありがとう、美しい人。」

ホームレス男性から渡されたメモ

これまで最悪の人生だと感じていたクリス。

まさに自殺しようと考えていた日に何気なく話しかけて希望を与えたケイシー・フィッシャーさん。

本当にささいな優しさ、親切心なんでしょうが、こんな行動を取れる人ってなかなかいないですよね。

引用元:https://kwsklife.com/homeless-mother/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも