ガリを毎日食べた結果…身体にトンデモナイ変化が…【引用kwsklife】

よう 2021/01/06 告発 コメント

日本人の7割がお寿司が好きと答えるほど寿司は日本人にとって身近で人気の食べ物です。その寿司に必ず添えられるものがガリ。

今回はそんなガリを毎日食べて起きた身体の変化を紹介します。

寿司にガリを添える目的

ガリとは生姜を薄く切って甘酢漬けにしたものです。ガリには魚の生臭さを取る効果や殺菌作用があると言われています。

寿司にガリが添えられる習慣は江戸時代に考案されました。

ガリは活気ある江戸時代に考案されました。当時は食べ物では無く、御手ふき代わりに利用されています。お寿司のガリの原料は生姜と酢です。

お寿司のガリの役割には寿司を食べる手の殺菌。江戸時代、屋台で出されていたお寿司を食べる際に水で手を洗わずガリで手を洗いお寿司を食べていました。

現代ではガリが寿司に添えられる主な目的は以下の通りです。

1.魚の生臭さを取るため2.生ものの菌を殺菌し、食中毒を防ぐため3.生の食材で冷えた身体を温めるため

ガリを毎日食べた結果

ある人がそんなガリを先日実家からもらってきました。

なんでも楽天ショピングにハマっている母が大量購入したらしいのだが、一向に減らないということでタッパーで少し(いや結構多い)分けてもらったという。

もらってきたはいいものの、これをどう食すか悩んだそうです。正直ガリはお寿司の時に食べるイメージしかない。

迷ったがとりあえず毎食少しずつ食事の中に取り入れてみることに。そっといつもの食卓に並べてみたが、彩がいい。

オススメの食べ合わせ

いろいろ試した結果、最も気に入った食べ合わせが、カレーの付け合わせで食べた時。

引用元:https://kwsklife.com/gully-effect/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも