右耳・左耳で電話する人で違いがある?右耳と左耳には働き方とは…【引用kwsklife】

よう 2021/01/03 告発 コメント

私たちの生活の中であなたは電話を聞く時に右側or左耳どちらで聴きますか?

右耳・左耳で電話する人で、違いがあります。今回は右耳と左耳の働きを紹介します。

電話を聞くのは右側・左側?

あなたは電話を聞くときに、受話器をどちらの耳に当てますか?

右側で聞く人もいます。左耳で聞く人もいます。

人間には左利き・右利きの違いがある様に耳にも、利き耳があると言う事になります。

アメリカの研究で分かったことですが、右脳と左脳が違う働きをする様に右耳と左耳では働きが違うと言う事が分かってきました。

右耳・左耳の違い

左耳で聞いた情報は、右脳へと伝達されやすく、右耳から入った音声などは左脳へ伝達されやすいと言う事なのです。

右耳の特徴

言語の習得や外国語の勉強には右耳から聞いた方が効果的だと研究結果が出ています。

右耳から頼み事をされると、承諾してしまう可能性が2倍高いという結果も出ています。

左耳の特徴

仕事でクレームに対応する様な場合は左耳から聞いた方が問題なく処理出来ると分かりました。

利き耳というのは電話の受話器を当てる側が利き耳になるそうです。

右側が利き耳の人が全体の60%を占めているとされているので右耳が利き耳の人が多いと言う事が分かりました。

右耳と左耳には働き方に違いがあるとアメリカの研究発表がありました。

そして、右耳と左耳を使い分ければお付き合いや仕事をする上で役に立つことになるかもしれません。

ネットの反応

・クレーム対応するには、左耳で聞くんだね。

・頼み事する時は相手の右耳へ話しかけようぜ!

・右耳と左耳を意識して使い分ける事だな

・利き耳があるとは知らなかったよ。オレは左だ。

引用元:https://kwsklife.com/rightlefear-difference/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも