【閲覧注意】死期が近い人が急にし始める不思議な行動と兆候10選!突然、○○を始めたら

杨大凯 2021/04/11 告発 コメント

死期が迫った時

死期が迫った時、猫や犬は人目に触れない場所に行き、ハムスターは弱っていることを悟られないように元気に振る舞うなど、本能的に行う行動があります。

実は、人間にもそのような不思議な行動と兆候が見られると話題になっています。突然、〇〇を始めたらヤバい!?

1.存在感が薄くなる

普段から仲良くしている人が死期が近い人を見ても、なんだか別の人のように見えるというような違和感を感じたり、まるでそこに存在しないかのように感じたりするようです。

そして死期が近い人はロウソクのように透き通った白い顔になるようで、自動ドアにも反応しなくなるようです。

2.黒い人影や塊を見る

これは医療現場や老人ホームでよく起こる現象だそうですが、死期が近い人は黒い人影や塊を見るようになったり、周囲の人はその人の背後に黒い影を見たり、部屋の入り口に黒い影を見たりするそうです。

医療従事者がこれを見ると、「そろそろお迎え?」と思うのだとか。本当に黄泉の国からお迎えが来ているのでしょうか。

3.部屋を綺麗に片付ける

死期が迫っている人に一番多いのが、この部屋の片付け。普段の片付けとは異なり、綺麗に整理整頓されているのが特徴です。

また普段は物を借りても返さなかった人が突然物を返却したり、写真嫌いの人が写真を撮ろうと言い出したり、いつもと違う行動をとって周囲を驚かせます。

4.親族や友人に会いたくなる

死期が近い人は本能的に察知しているのか、無性に親族や友人に会いたくなるようです。

また子供の頃に育った土地や家に行きたくなったり、夢で子供の頃の情景ばかりを見るようになるのだとか。

5.顔がぼやけて見える

ある登山家のインタビューで語っていた話ですが、

「山小屋の管理や遭難救助を数十年やっていたAさんは、山岳事故で亡くなる方の顔が二重に見える。でもそんな人に忠告しても、なぜか登って行って亡くなってしまう」

とのことでした。

またある人のおじいさんは戦時中に飛行機の整備士で、帰ってこれない兵士は送り出す時の顔でなんとなくわかったそうです。

6.性格が変わる

死期が近い人は性格が変わるようで、よく聞くのは普段は怒りっぽかった人が最後は穏やかな性格になっていたという話です。

逆に普段はおとなしかった人が、最期は愚痴ばかり言いながら亡くなったというケースもあります。

7.死臭がする

死期が近い人からは、独特な匂いがします。これは人によって感じ方が違うのですが、ある人はニンニクのような匂いと表現、また別の人は鉄パイプのような匂いと表現しています。

自分も医療機関に勤務していた時は、亡くなる前の患者さんから死臭を感じてその方の死期を悟っていました。

引用元:https://academic-box.be/archives/87821,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも