ペットボトルを水筒として繰り返し使う危険性…実はとても危険だった…【引用kwsklife】

よう 2020/12/29 告発 コメント

ペットボトルを水筒として繰り返し使う危険性

毎日自動自販機などで飲み物を買うと結構な出費になってしまいますよね。

家から飲み物を持参している人も珍しくはないのでしょうか。

水筒を洗う手間やカバンの中でかさばることを考えてペットボトルを水筒代わりに使っている方もいると思います。

しかし、ペットボトルを再利用すると激しい嘔吐や腹痛に襲われる可能性があるそうです。

この問題は近年度々報告があがっているくらい身近な問題です。

何故ペットボトルを水筒代わりに使うと腹痛や嘔吐に見舞われるのでしょうか?

激しい嘔吐や腹痛をひこ起こす原因

ペットボトルを繰り返し使用していると素材からDEHP(フタル酸ジエチルへキシン)が溶け出します。

DEHPとはその有害性がこれまで世界で最もよく調査されてきた物質であり医療用とを含め広く使用されてきましたが人の健康問題を引き起こした事例もありません。

つまりこの物質は発がん性物質の可能性が高いとされていますが普通に使用している程度では人体に影響はありません。

では一体何が原因で激しい嘔吐や腹痛を引き起こすキッカケとなっているのでしょうか?

ペットボトルに口をつけて飲むと唾液に含まれる雑菌が中で繁殖します。

直接口をつける部分が小さいうえにペットボトルの構造上内部をしっかり洗うことが出来ません。

長時間同じペットボトルを使用することにより内部にぬめりや水垢が発生して菌やカビが繁殖しやすくなります。

つまり、ペットボトルを繰り返し使うことにより安全上の面でおすすめできないのです。

その菌により激しい腹痛や嘔吐に見舞われるケースがあります。

なので出来るだけタンブラーや水筒を携帯して飲み物を持参するようにしましょう。

ネットでの反応

・いつも持ち歩いてるよ。こわ~~。

・知らなかった。結構みんなつかってるよ。

・もうペットボトルを水筒として使いません。

・エコだからペットボトルを使ってたけど、水筒が1番だね。

引用元:https://kwsklife.com/petbottle-waterbottle/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも