腕に歯磨き粉を塗ると・・・火傷や風邪、片頭痛に効くちょっと変わった治療法が話題に【引用kwsklife】

楊大凱 2021/02/23 告発 コメント

腕に歯磨き粉を塗ると・・・火傷や風邪、片頭痛に効くちょっと変わった治療法が話題に…

火傷や風邪、片頭痛に効くちょっと変わった治療法

調理中の不意なトラブルや日焼けなどでも引き起こる火傷。

薬を塗るほどではないもののヒリヒリと痛む軽い火傷によく効く民間療法があります。

今回は火傷、片頭痛、トゲ、切り傷などイライラする痛みを緩和する方法を紹介します。

どれも日常生活にあるちょっと意外なものを使っています。

1.片頭痛

辛い頭痛の時は冷凍庫へ向かいましょう。浴槽にお湯を張って足湯をしながら、冷凍食品を袋ごと首の後ろに当てます。

頭部の欠陥が収縮するので痛みが和らぎます。

腕に大きなアザができてしまうと半袖シャツを着るのをためらってしまいます。

こんな時は前日の夜に歯磨き粉をコットンパッドに塗ってアザに貼って寝ましょう。

翌朝にはアザは消えています。

3.軽い火傷

まだ熱い天板に触れてしまった、飛び跳ねた天ぷら油が肌に触れた、そんな軽い火傷にはハチミツが効きます。

ハチミツの鎮静効果で痛みが和らぎ、治癒も早まります。

指にトゲが刺さったらピンセットなどでスッキリ抜ければ良いですが、摘めるほどの長くないトゲはなかなか抜けないもの。

そんな時は木工用ボンドを塗ってみましょう。

完全に乾いたら、ゆっくりとボンドを剥がしてください。トゲがボンドにくっついてつるっと取れます。

5.絆創膏を剥がす

切り傷や擦り傷には絆創膏を貼りますが、絆創膏を剥がす方が痛かった思い出はありませんか?

引用元:https://kwsklife.com/arms-toothpaste/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも