悪いことが起きる前の虫の知らせ…11の合図がかなり当たると話題に【引用kwsklife】

よう 2021/01/14 告発 コメント

悪いことが起きる前の虫の知らせ…11の合図がかなり当たると話題に…

悪いことが起きる前の虫の知らせ

皆さんは生活する中でいつも通りの行動をしているのにどういうわけかふとこのまま続けてはいけないような気になった経験、いわゆる虫の知らせを感じた経験はないでしょうか。

一説によるとそれは天からの警告サインを受信した状態であるそうです。

最近の報道で話題となった新田次郎原作の名作映画八甲田山の遭難事件を彷彿させる雪山の悲劇的事件も警告サインを感じながらも進行中の物事を中断して引き返せなかったことに起因しているのかもしれません。

そういった取り返しのつかない事態にならないためにも警告サインを正しく理解する必要があります。

オルタナティブ系オンラインジャーナル「Disclose.tv」の記事によると警告サインは11に分類されるそうです。

1.つま先をぶつける

ひょんなことで何かにつま先をぶつけて転倒しそうになったり、はたまた本当に点灯してしまったり、ぶつけた衝撃が思いがけぬ激痛でうずくまってしまったりなんて経験は一度や二度はあるのではないでしょうか?

これはあなたが誤った方向へ進んでいることを警告するサインなのでそんな経験があれば気を付けるに越したことはないでしょう。

2.渋滞にハマる

都市部などの日常的に渋滞している所とは別として普段は結構空いているような道路が渋滞していてハマり込んでしまったことはないでしょうか?

こんな状況に巡ってしまった時は出かける前に最愛のパートナーと挨拶を交わしていなかったなど何かしら普段している当たり前のことをしていなかったような歯車が噛み合っていない状況であることが多く、色々なことに影響を及ぼす可能性が高いので要注意です。

3.怪我をする

ちょっとした怪我をしてしまうなんてことは痛みも伴い気づきやすく実にわかりやすい警告だと言えます。

その警告の意味するところは何の捻りもなく物事をこのまま進めるとさらに痛い思いをするということなので一度立ち止まって再検討する必要がある状態なのかもしれません。

4.他者から悪い目つきで見られる

ふとした時、たまたま目があった輩がまるで嫌なものでも見てるような目つきで自分を見ていたという経験はないでしょうか?

そんな時は危険がすぐ身近に迫っているサインかもしれないので特に警戒が必要です。

5.突然の出費

何気ない気持ちで入った飲食店でベラボーな金銭を請求されたり親友からの突然借金をお願いされたりといった突然の出費もその後のネガティブな展開を暗示するものなので要注意です。

6.胃のむかつき

胃のむかつきや軽い吐き気に襲われた経験はないでしょうか?それは現状から逃れるべきだというサインだそうです。

7.友人や家族との口論

親しいはずの友人や家族との口論はその内容の是非に関わらずあなたが誤った方向へ進んでいることの具現化であることがほとんどです。

8.病気になる

病気という状態は現状や環境があなたにとって最適な状態ではないということを如実に示しています。

頭痛とは我慢が積み重なり本心では意に沿わないことを無理に推し進めていることの前兆であり、間違った状態にあることを示すサインです。

10.ものを失くす

ものを失くすといった状況は当人にとってその場所が悪意や危険に満ち溢れていることを示すため、十分な警戒が必要です。

11.奇妙な匂いや音や感覚

未だかつてない匂いや聞いたことがないような音声、そして、身の毛がよだつような感覚はいずれも自分に危険が差し迫っていることを示すサインです。

時には求められる勇気ある中断決断。虫の知らせはあなたが誤った現状で且つ、間違った方向に進行中と天から警告されていることかもしれません。

故にその警告を真摯に受け止め、現状や物事の進捗を正しい方向へと修正する努力が必要となります。

当然のことながら常時ポジティブシンキングで毎日を送るのは困難なことです。天からの警告サインに敏感に気づき、ネガティブで危険な方向へと事態が進展するのを防止するよう普段から心がけておくといいかもしれません。

ネットでの反応

・もはや、警告のための警告がほしい。

・これはやはり・・・、俺が間違っている方向に進んでいる証だ・・・

・誰か亡くなる前渋滞ばかりしてた

引用元:https://kwsklife.com/signsofinsect-warning/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも