大型トラックの緑の3連ランプの意味…1999年に廃止された理由とは【引用kwsklife】

よう 2021/02/01 告発 コメント

大型トラックの緑の3連ランプの意味…1999年に廃止された理由とは…

かつて大型トラックの運転席上部に緑色ランプが光っていました。これには一体どんな意味があったのでしょうか?

最近、めっきり見かけなくなりましたね。

以前はこの緑の3連ランプ装備が義務付けられていましたが1999年に廃止されています。

なぜ、廃止されてしまったのでしょうか?今回はそんな大型トラックの緑の3連ランプについて紹介します。

大型トラックの緑の3連ランプの意味

この大型トラックの運転席上部の緑色ランプは正式名称は速度表示装置と言いますが、速度表示灯と呼ぶこともあります。

前方から走ってくる緒方トラックのスピードを周囲の車に知らせ、安全性の注意喚起を行うために取り付けられています。

というのも大型トラックはその大きさのためどれくらいの速度で走行しているのかがわかりにくいのです。

それを他の車両や歩行者にもわかりやすく示すために取り付ける義務が生まれたのです。

速度表示灯の読み方

緑の3連ランプには光る順番というのが決まっています。

停車時にはランプは消えています。

右側のランプが一つ点灯すると40km/h未満の速度を意味しています。

左側と右側のランプが二つ点灯すると40km/h以上60km/h未満の速度を意味しています。

3つ全てのランプが点灯すると60km/h以上の速度を意味しています。

引用元:https://kwsklife.com/heavytruck-triplelamp/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも