男性機能を低下させる6つの習慣…当てはまってると悪影響が【引用kwsklife】

よう 2021/02/01 告発 コメント

男性機能を損ねる6つの習慣…当てはまってると悪影響・・・

男性機能を低下させる6つの習慣

加齢は男性のあらゆる身体機能を低下させる原因になるものですが、男性機能低下も例外ではありません。

しかし、年齢以外にも男性機能を低下させる習慣があります。今回はそんな男性機能を低下させる6つの習慣を紹介します。

1.運動不足

運動することで性機能を改善させることが研究でわかっています。

海外のメディカルセンターで300人の男性にどれほど体を動かすか調査したところ、毎週3回(毎回1時間)走ったり、運動したと身体を動かす人の方が高い性機能を持っていることがわかりました。

しかし、いきなりジムに通う必要はありません。ランニングやウォーキングなどできることからやるのが一番です。

2.不衛生な口の中

最新の研究によるときちんと歯磨きをせず口内を不衛生にしている人ほどEDになりやすいそうです。

歯茎の病気は重大な病気のサインかもしれません。

しっかり歯磨きをして歯医者さんの定期検診に行くことでより良いベッドでのパフォーマンスに繋がるでしょう。

3.ジャンクフードの食べ過ぎ

ファンクフードが体に良くないことはご存知かと思いますがファンクフードを食べれば食べるほど生殖能力が危険にさらされるそうです。

特に揚げ物や加工食品などのトランス脂肪の多い食品ほど要注意です。

ハーバード大学が2011年に行なった研究でファンクフードをよく食べている男性と健康な食生活の男性と比較したところジャンクフードをよく食べている人の方が生殖能力が低いことがわかっています。

全粒粉や野菜、魚を食べる男性が一番機能的に優れていたそうです。

全粒粉は小麦まるごとを粉状にしたものでお米でいう玄米みたいなものです。

生殖能力を高めるオススメの食品は玉子や鮭、ヨーグルト、ナッツ、種子、ベリー、サツマイモ、ブロッコリー、アスパラガスとのことです。

引用元:https://kwsklife.com/functional-habits/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも