車中泊禁止の道の駅が増えている理由…マナーのない人間多すぎると話題に【引用kwsklife】

よう 2021/02/01 告発 コメント

車中泊禁止の道の駅が増えている理由…マナーのない人間多すぎると話題に…

ここ数年、宿泊費の節約や時間効率などの面から、車中泊が人気となっています。

車中泊する場所といえば、道の駅や高速道路のSAの駐車場が定番と言えるでしょう。

そんな中、最近は車中泊を禁止する道の駅が増えてきているようです。今回、車中泊禁止の道の駅が増えている理由を紹介します。

国交省は道の駅での仮眠OKでも宿泊NG

近年、道の駅や高速道路のSA/PAの駐車場などで車中泊をしながらドライブ旅行を楽しむ人々が増えています。

道の駅の駐車場は無料ですから、車中泊をしても駐車料金はかかりません。チェックイン・チェックアウトもないので好きな時に停めて好きな時に出発という時間的制約のない自由な旅を楽しむことができます。

しかし道の駅での車中泊を禁止するところも増えているといいます。

国土交通省の公式サイトでは道の駅での車中泊に関して以下のように記されています。

「『道の駅』は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。もちろん、『道の駅』は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので施設で仮眠していただくことはかまいません」

高速道路のSA/PAも道の駅と同様の扱いのようで数時間の仮眠ならもちろん良いけれど、宿泊はダメということのようです。

それでは、道の駅における「仮眠と宿泊」はどのように線引きされるのでしょうか?全国20か所の道の駅に電話取材をして車中泊について聞いてみました。

・仮眠:時間帯に関わらず、長くても5~6時間程度。・宿泊:夕方から夜に駐車場に入り、朝7-8時頃まで駐車場を占有すること。

おおよそ、どの道の駅からも同じような回答を頂きました。

車中泊禁止の道の駅が増えている理由

1.長期滞在

最近では半月から1ヵ月にわたる長期間駐車を続け、駐車スペースを占用するケースが少なくようです。

こういった輩が増えてしまうと他の一般の方が利用できなくなったり、運営側も不利益を破ってしまいます。

滞在時間は必要最小限の仮眠にとどめ、連泊や長期滞在はしないようにしましょう。

2.テーブルを出して、BBQや酒盛り

そもそも道の駅は休憩のための施設であり駐車場です。

引用元:https://kwsklife.com/undercarriage-streetstation/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント
好きかも