コロナウイルスは8割は軽症と言いますが…医師が教える軽症の定義に言葉失う…【引用kwsklife】

よう 2021/01/03 告発 コメント

コロナウイルスは8割は軽症と言いますが…医師が教える軽症の定義に言葉失う…

全世界のコロナウイルス感染データから8割の人は軽症、2割の人が重症との報道がされていますね。

流行が始まった頃は8割の人が軽症ならそんなに重大ではないのでは?と考えている人も少なくなかったようですがとある医師が軽症の定義を紹介します。

思わず言葉を失ってしまいます。

コロナウイルスは8割は軽症と言いますが…

「8割は軽症」と言いますが、例えばインフルエンザで39度の熱にうなされながら水しか飲めない状況というのは、軽症に入ります。

一般の人と医療での認識のずれが生じている可能性が十分に考えられますね。

こういった正しい認識、定義のようなものをもっと提示してもらう事で危機感が増し、拡大防止につながるかもしれません。

どうか正しい認識を!

ネットでの反応

・8割合は軽症で済むとテレビに出るコメンテーターがいうことを視聴者は勘違いして真に受け、花見に出歩いたり、満員の通勤電車で仕事に出てゆく。海外の報道が日本に対する不信感を露にするのも無理ないですね。日本人のリスク感覚、情報認知能力が不足し総認知症社会になったみたいです。

・COVID-19に関しては酸素吸入が必要なければ軽症と聞きましたね。非定型肺炎まで含めて。

・軽症=37度の発熱。ぐらいに思ってたので。ということは重症とは本当に命に関わる状態なのですね。

引用元:https://kwsklife.com/minor-injury/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント
好きかも